flower border

kiの会 ~ソプラノ歌手の華麗なる奮闘記~

アンサンブルをこよなく愛する乙女のブログ

◆代表コラム◆No.124<体力>

Category代表の・・・♪
先日、みなとみらいで本番がありまして、体力について考えさせられました。

kiの会は比較的若い会なので、日頃はあまり感じないのですが、
外のステージにでると、いろいろな年代の方々とご一緒させていただく機会があり、いろんな気づきがありました。

若い人よりお年が上になればなるほど、体力に開きがあるのだな、と。

例えば、めちゃ元気な60代と、すぐ疲れてしまう60代。

すぐ疲れてしまう方は自分を守ることに多くのエネルギーを割き、
体力的にやれるかという不安にさいなまれ、結果やれることの量が減る。

70代、80代ともなればもっとだ。
健康や体力を気にする時間が長くなっていって、肝心な活動に回す部分が少なくなる。

さらに体力のない人は余裕がない分いつも不機嫌である。
人に優しくなんてできない、いや、できづらい。

と考えると、年とともに衰える体力を黙って見過ごしてよいのだろうか。
「年取ったら仕方ないわよねー」と言っていていいのだろうか。

私は優しくないのもイヤだし、余裕のないのもイヤだから、体を鍛えようとものすごく思った。

うん、今週は週3回もテニスをしてしまった・・・

代表 山下美樹
スポンサーサイト

1 Comments

遠藤  

甘いあまい

あはは、らしくない。
キツイこと言っていいかな。
MIKIさんには厳しく言うよ!
MTBでは 60過ぎてもバリバリ走っている人もいる。自分次第。
そういう人がいる限り、言い訳は出来ない。
プロはプロ!

2014/08/22 (Fri) 00:54 | REPLY |   

Post a comment