flower border

kiの会 ~ソプラノ歌手の華麗なる奮闘記~

アンサンブルをこよなく愛する乙女のブログ

◆代表コラム◆No.121<言葉は愛を語るため>

Category代表の・・・♪
いろいろなところでいろんな人が話してくれる話の中で、
撮っても気になるのが「ひどい言葉を」をかけられた話。

たとえば、その人の旦那様や彼から、ご両親から、
お姑さんから、職場の人から、通りすがりのひとから、
はたまた年下の後輩から、友人から、お子さんから・・・とか

言う人側は「言って当然!」と思って言うのかな?
言ったらスッキリするのかな?
それともどうにも止まらないのかな?

でもやっぱりどうやって考えてもそれは間違っていると思います。
言葉はもっと心が豊かになることを言わねばいけないし
言葉一つで人を幸せにすることができるよ。

言葉は人をけなしたり、おと締めたりするためにあるのではない!
人を励ましたり元気にするためにあると思います。

どうしても厳しい言葉を言わねばならない時、
その何倍もの愛を持って責任を持って言う。

一人一人が発する言葉にもっともっと愛王がこもったら、
世界はずっと素敵になる。

言葉にはそんな凄い力がある。

キレイ事って思いますか?
いいえ、キレイでなくては、生きていてもつまらない。
きれいな心で生き、きれいな言葉で語る。

幸せはそんなシンプルな所にあると思う!
愛を語ろ!!!愛を!!!

代表 山下美樹
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment