flower border

kiの会 ~ソプラノ歌手の華麗なる奮闘記~

アンサンブルをこよなく愛する乙女のブログ

◆代表コラム◆No.047<見える世界が変わってくると>

Category代表の・・・♪
見える世界が変わってくると、その物事に対する認識は刻々と変わる。
今まで“これはこうなんだ!”と思っていたことが全然違ってたりする。
ほんとうにアホっぽいのですが、例として私のテニス体験を書きます。

初めてテニススクールに入った時、生まれて初めてラケットを持ち。ボールを打つ。
当然最初はふつうに打てるようになることを目標に学ぶ訳です。
で、最初の2年くらい、私、テニスが勝負を競う競技であると気付かなかったんです。
(アホでしょー?)
基本的な打ち方の組み合わせでラリーし合う"運動“だと思っていたのです。

3年目位にやっと“試合に勝たないと意味ないじゃん!!”という基本的な現実に気づきました!!!

で、試合が大事、そこが目標と思ってやっていると、
なんとまあやることが今まで思っていたより沢山あることに気づきます。

そうやった上でスクールに通い続けていて少し慣れてくると
“こんな感じなのかな”と落ち着いちゃうのですが、
ほんの少しレベルの高いクラスとかに入ると、
今度は“今まで自分が試合って思ってたものなんて試合じゃない!!!“という
衝撃的事実と出会います。
クラスにいる人たちのレベルももちろん高いのですが、コーチが見せてくる技のレベルが“え!?”って位変わってくる。

そこで思うんです。
今、私が思っているより、本当のテニスの試合ってものすごいのではないだろうか?って。
見える世界が変わってくるとその物事への自己の認識は激しく変化する。
それを繰り返して物事の本質に近づいて行くのだなと。
だから日々見える世界を変えていく努力をすることってすごく大切だよね!

代表 山下美樹
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment