◆代表コラム◆No.001余白について


もしも本や教科書や楽譜に余白がなかったら、
つまり、もしも本や教科書や新聞の文字がスミからスミまでぎっしり書かれていたら、
その教科書で勉強する気になりますか?
その本を手に散る気になるでしょうか?

意外に余白は重要だったといことに気付きます。
実は人生とかもそうかもしれません。
私はスケジュールに余白をいれずに、
みっしりと詰め込んでしまったときの次の日など、
何もやる気がしなくなります。
忙しすぎた週の休日、あれもこれもやろうとプランニングしていたのにも関わらず、
ひとつもできず何一つこなせなかったことが何度もあります。
そして怠け者の自分にがっかりしたりするのですが、
実は余白不足からくる必然だったのかもしれません。
適正に頑張って、適正に休む、または遊ぶ。
それがあるからこそ人は健全に生きられるのかもしれないですね・・・

確かに昔は、私だって、打ち上げや食事会なんて遊びだから、
時間の無駄だと思っていました。
でも今は違います。

見えない何かが作品を作ります。
メンバーの個性と空気を織物のように時間に練りこんでいます。

と言うわけで、kiの会の稽古は余白だらけ。
私は余白と言う時間でアートの精度を上げているといっても過言ではありません。
(本当です!!)
きっとメンバーの中には代表ふざけてばっかり、練習が甘い!
って思っている人もいて当然かと思うのですが。
(ま、ふざけすぎなところは合っているし、ほぼ毎回やりすぎてます)

余白は大切です。たぶん。
私たちが一生芸術できるための健全さの保持のため、皆さん一生懸命余白して下さい。
びっしり書き込んだノートとか見る気がしませんでしょ?
「でも代表のノートは白すぎでしょ!」という声が聞こえてきそうですが・・・
気にしませーん!!!(必死)



代表 山下美樹
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがあや~

やったー!!コメ一番乗りv-221
楽しみにしていたコラムv-22

愛読するぞーーー!
友達にもにもお勧めするぞーv-10

余白・・・ホントに大切ですよね。
余白が無いとフレキシブルに活用できない!
落書きも出来ないじゃん!!!

人生の余白(落書きで埋めすぎないように)、大切に守りたいと思います。
余白の使い方に人それぞれの人生が表れるのでしょうね。

無駄の学

はじめまして。
って「はじめてまして」なのはこのブログ、
先日の守山で、またそれ以前ではランの館で美しい歌を何度か聴かせて頂きました。

余白ということでお読みしましたけど、
これ、まさに「無駄学」そのものですね。
一般には「無駄」はムダなものとして排除しようとしますけど、
本当はその無駄の中に、実は無駄ではない部分を支えるものがある、
つまりこの余白そのものなんですね。

余白の無い人も人生もなんとつまらないことか。


ところでブログ、に限らずネット上の文章は、
適宜空行を入れると読みやすいですね。

その典型がブログで、適宜の空行どころか、
短いセンテンスを一行書いたら、
空行が3~4行。
そんな書き方してるブログが実は人気だったりします。


それに比べれは、私のブログ、空行こそあるけど
長文で、つまらなく、読み難い悪い例だったりします。

Re: ありがあや~

さとみん、一番乗りコメントありがとうe-415

> 楽しみにしていたコラムv-22
> 愛読するぞーーー!
> 友達にもにもお勧めするぞーv-10

おぉ~うれしいねぇ~e-266
ぜひぜひお薦めしてください


> 人生の余白(落書きで埋めすぎないように)、大切に守りたいと思います。
> 余白の使い方に人それぞれの人生が表れるのでしょうね。

ほんとにそうだよねe-77
余白って一見大事じゃなさそうにみえるところが深いよねぇe-420

Re: 無駄の学

kisomitake様、はじめまして
コメントありがとうございますe-257e-266

> 先日の守山で、またそれ以前ではランの館で美しい歌を何度か聴かせて頂きました。

おぉ、演奏会にいらしてくださったのですねe-446e-420
いつもありがとうございますe-415

> 一般には「無駄」はムダなものとして排除しようとしますけど、
> 本当はその無駄の中に、実は無駄ではない部分を支えるものがある、
> つまりこの余白そのものなんですね。

なるほど、無駄ではない部分を「無駄」と思われがちな余白が支えているのですねぇ

> 余白の無い人も人生もなんとつまらないことか。


確かに・・・


> ところでブログ、に限らずネット上の文章は、
> 適宜空行を入れると読みやすいですね。

そういわれるとそうですねぇ
画面でみるときは、より余白が欲しくなるのかもしれませんね


> 長文で、つまらなく、読み難い悪い例だったりします。

そんなことないですよ、
余白も大事ですけど、文章の中身はやっぱり大事ですもの


またよろしければ
ブログにも、演奏会にもいらしてくださいませe-266
これからも、kiの会をよろしくお願いいたしますe-466
プロフィール

kiの会

Author:kiの会
kiの会とは、クラシックの声楽家を中心とした演奏家団体です。高い音楽性を目指すとともに、「音楽と社会のかかわりを大切にする」ということを目指して活動しております。
演奏会の企画・運営、演奏活動もいたします。まだ新しい団体ですが、活動を通じて、チャリティの輪を広げると共に、若い演奏家を育てるような演奏会も企画していきたいと考えています。
現在、非営利団体として活動しており、演奏会開催における収益は一部を寄付し、剰余金を公演制作費としております。

演奏会の企画・制作、マネージメント、また演奏者の派遣などのご要望にも応じますのでご相談ください。

お問い合わせは・・・
kiの会事務局:kinokai@live.jp
070-5599-5527

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード